5Sの勧め

執筆担当

藤原 真人(Fujiwara Masato)
中小企業診断士

 

プロフィール
1977年生まれ 埼玉県出身

大学卒業後、大手精密機器メーカーに就職し、研究・開発や新規テーマ立案などを経験。

2017年に中小企業診断士資格を取得し独立。趣味は水泳。



第1回 5Sの基本

5Sとは製品やサービスの品質に大きく影響するビジネス活動の基本となります。5Sはとても奥の深いものですが、今回のシリーズでは5Sの基本について解説します。

<今回のテーマ>

1.5Sとは

2.なぜ5Sが重要か


1.5Sとは

5Sとは整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)の頭文字を取った言葉で、一度は耳にしたことがある方が多いと思います。

・整理

必要なモノと不要なモノとに分けて、不要なモノは捨てる。

・整頓

ムダの少ない効率的なモノの置き場所を決める。

・清掃

ゴミや汚れがない環境を保ち、異常や異変がないか確認すること。

・清潔

整理・整頓・清掃を行い、清潔な職場環境を維持すること。

・躾(しつけ)

整理・整頓・清掃の決められたルールを守ること。

 

5Sの実行は主に工場で行われていますが、工場だけでなくオフィスや飲食店など、業種や企業規模に関係なく全てのビジネス活動にとって重要となります。

 

5Sと聞いて、なんとなく整理・整頓など単に「片付け」に関する言葉だと思っている方がいるかもしれませんが、5Sとは製品やサービスの品質に大きく影響するビジネス活動の基本となります。

 

そして、その片付けができていない乱雑な職場ほどあまり利益が出ていない企業が多く、逆に利益が出ておりビジネスがうまくいっている企業ほど職場が整然と片付いているものです。

2.なぜ5Sが重要か

片付けが出来ていない(=5Sができていない)場合、様々なムダが発生することになるので、どのようなムダが発生するのか以下に説明したいと思います。

 

・場所のムダ

不要なモノを置いているだけで、場所が必要になります。オフィスやお店を借りる時に、モノが多ければ多いほどより広いスペースが必要となるため、広い物件を借りるためのムダな家賃(コスト)が掛かります。

・時間のムダ

不要なモノを置いていると、必要なモノを探すのにムダな時間が掛かってしまいます。また、必要なモノがなるべく近くにないと、それを取りに行くのに余計な時間が掛かります。

 

・安全でないムダ

不要なモノが溢れていると、通路にモノを置いたりすることになり、移動の際に転倒する可能性も出てきます。また、作業スペースが十分に取れないことにより、無理な姿勢で作業をして体に負担が掛かることもあるかもしれません。

・不良品のムダ

片付けがされていないと、間違ったモノを誤って使用し、不良品の発生に繋がる可能性もあります。使用期限や消費期限がある材料の場合には、適切に管理ができていないと廃棄するムダが発生することもあります。

 

以上、片付けができていないだけで様々なムダが発生することになるので、5Sは重要だと理解して頂けたと思います。次回から5Sの進め方について説明をしたいと思います。